読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤澤だけど鳴(なる)

最も大きな臓器である肝臓に脂肪やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、動脈硬化や肝硬変等々多種多様な疾病の誘因となる可能性が高いといわれています。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ効果がもっとも有名ではありますが、加えて肌をきれいに保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えるということが知られています。
内臓脂肪過多の肥満が診られて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2~3項目に一致する事例のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。
アメリカやヨーロッパでは、新しい薬の特許が満了した約1ヶ月後には、製薬市場の8割が後発医薬品に取って代わるという医薬品もある位、ジェネリックジェネリック医薬品)は世界に採用されているという現実があります。
下腹部の疝痛の元凶となる主な病気には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な部位の病気がみられるでしょう。
前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)がとても密に関係していますが、前立腺に出現してしまったがんも同じく、雄性ホルモン(男性ホルモン)の作用で肥大化してしまいます。
アルコールを無毒化するという作用のあるナイアシンは、辛い宿酔に効きます。辛い二日酔いの根源物質とされているエチルアルデヒドという物質の無毒化に携わっています。
脳卒中クモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と言われる脳内の血管にできる不要な瘤(コブ)が裂けて脳内出血することにより発病する命にかかわる病気として知られるようになりました。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは環状、要するに輪っかのようなまるい形状をした赤っぽい湿疹など皮膚症状の総称であり、因子は本当に多種多様だということができます。
脂漏性皮膚炎という皮膚病は皮脂の分泌異常により起こる発疹で、分泌が異常をきたす主因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB群の不足などが大きいと考えられています。
フォレスター 査定額
音楽の公演の開催場所やクラブハウスなどに設置されている大型スピーカーの真横で爆音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と呼んでいるのです。
30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早期閉経」という女性疾患を指します(我が国では40才未満の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(POF)」と呼ぶのです)。
ちょっとした捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置してから少しでも早く整形外科を受診することが、早く快癒させる近道となるでしょう。
亜鉛は、デオキシリボ核酸やタンパク質の合成に欠かせない色々な酵素や、細胞・組織の代謝機能に深く関わる酵素など、200種類以上ある酵素を構成する成分となるミネラルの一つです。
ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失われた後に購入できて、新薬に等しい成分で金銭的な負荷の小さな(クスリ代が高くない)後発医薬品のことをいいます。